2階建てを平屋にリノベーションできる|2階部分の撤去費用、減築のメリット・デメリットなど解説

| Sunday

福井でリノベーション・リフォームを検討中の方は、ノークホームズにお問い合わせください。

お問い合わせ
スタジオ来場のご予約

※当社はしつこい営業を一切行っておりません。ご安心下さい。

※建築予定地が施工エリア外の場合には、資料請求をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

〈施工エリア〉
福井市・あわら市・坂井市・鯖江市・越前市・大野市・勝山市・永平寺町・越前町

 

リノベーションした平屋の内装

2階建てを平屋にリノベーションするのは大掛かりな工事なので、費用が高額になるのが一般的です。

「予算内でリノベーションできる?」「2階部分を撤去して後悔しない?」など、不安や疑問をお持ちではないでしょうか。

そこで今回は、福井で多くのリノベーション・リフォーム・新築のご相談におこたえしてきた工務店『ノークホームズ』が、2階建てを平屋にするリノベーションについて、以下の項目を解説します。

 

このコラムのポイント
  • ・2階建てを平屋にリノベーションする費用の目安を紹介します。
  • ・「2階部分を撤去する」減築リノベーションのメリット・デメリットを確認しましょう。
  • ・2階建てを平屋にリノベーションする際のデメリットは、解消できるものもあります。解消方法を確認しましょう。
  • ・2階建てを平屋にリノベーションする流れも紹介します。

 

家の使い方は、世帯人数の変化・ライフスタイルの変化などによって変わっていきますよね。

現在の暮らしにフィットする減築リノベーションを成功させる方法がわかるので、ぜひ最後までごらんください!

2階建てを平屋にリノベーション|2階部分の撤去費用、費用負担を軽減する方法

2階建てを平屋にリノベーション|施工現場

はじめに、2階建てを平屋にリノベーションする費用の目安を確認しましょう。

2階部分の撤去費用

リノベーションの費用は1軒ごとに違うため、明確な費用を提示することはできません。

ただし施工業者ごとにリノベーション費用の相場があるため、2階建てを平屋にリノベーションする際の参考になります。

例えばノークホームズが2階建てを平屋にリノベーションする費用は約1,300万円〜約1,940万円が目安で、「建て替えをする費用」の50〜70%ほどの費用でリノベーションを実現できる可能性があります。

▶関連ページ:建て替え or リノベーション 価格比較

 

ただし費用は施工内容・家の現状・土地の状況などによって変動するため、詳しくはリノベーションを依頼する施工業者にお問い合わせください。

 

福井で2階建てを平屋にするリノベーションをご希望の方は、ノークホームズにお問い合わせください。

ノークホームズは平屋建築の施工実績が豊富な工務店で、住宅性能はもちろん、デザイン性も兼ね備えたプランを提案いたします。

お問い合わせ
スタジオ来場のご予約

※当社はしつこい営業を一切行っておりません。ご安心下さい。

※建築予定地が施工エリア外の場合には、資料請求をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

〈施工エリア〉
福井市・あわら市・坂井市・鯖江市・越前市・大野市・勝山市・永平寺町・越前町

 

費用負担を軽減する方法

リノベーション補助金

2階建てを平屋にリノベーションする費用負担を軽減するために、補助金活用を検討するのがおすすめです。

補助金
【国が実施している補助金】

  • ・断熱性能向上関連の補助金:「先進的窓リノベ事業」「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」など
  • ・省エネ性能向上関連の補助金:「次世代省エネ建材の実証支援事業」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」など
  • ・介護関連の補助金:「介護・バリアフリーリフォーム補助金」 など

 【地方自治体が実施している補助金】

県・市町村それぞれが独自に補助金を実施しているため、お住まいの自治体が実施している補助金を調べてみましょう。

例として、福井市は以下のような補助金を独自に実施しています。

  • ・「多世帯同居リフォーム支援事業」
  • ・「空き家リフォーム支援事業」
  • ・「木造住宅耐震改修促進事業」 など

※すべて2023年10月時点で実施されている補助金です。

上記は補助金の一例で、他にもさまざまな補助金があります。

 

こちらの記事で、リノベーション・リフォームの際に活用できる補助金について詳しく紹介しているので、ぜひご確認ください。

▶関連記事:福井市で【リフォーム】に使える補助金や助成金(国・県・市)まとめ

 

また、補助金活用を検討する際には、以下の点に注意が必要です。

  • ・補助金は国・自治体の政策に合わせて廃止、新設される
  • ・補助金を活用するためには、詳細な条件や提出書類がある
  • ・施工業者を通して申請が必要な補助金がたくさんある

補助金をフル活用できるよう、「各種補助金を申請可能な施工業者」「補助金の申請サポートを相談できる施工業者」を選ぶのがおすすめです!

 

福井で2階建てを平屋にするリノベーションをご希望の方は、ノークホームズにお問い合わせください。

ノークホームズは平屋建築の施工実績が豊富な工務店で、住宅性能はもちろん、デザイン性も兼ね備えたプランを提案いたします。

お問い合わせ
スタジオ来場のご予約

※当社はしつこい営業を一切行っておりません。ご安心下さい。

※建築予定地が施工エリア外の場合には、資料請求をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

〈施工エリア〉
福井市・あわら市・坂井市・鯖江市・越前市・大野市・勝山市・永平寺町・越前町

 

2階建てを平屋に減築リノベーションするメリット・デメリット

住宅の内装

2階建てを平屋にリノベーションする費用は高額になるのが一般的なので、リノベーションを実施するかどうか迷っている方が多いのではないでしょうか。

この章で2階建てを平屋にリノベーションするメリット・デメリットを紹介するので、リノベーションを実施するかどうかを判断する参考にしていただけると幸いです。

メリット

2階建てを平屋にリノベーションするメリットは、以下のとおりです。

メリット
  • ・減築によって固定資産税が安くなる可能性がある(住宅価値を大きく向上させる施工内容以外)
  • ・減築で延べ床面積が小さくなるため、掃除の手間を削減できる&将来のリフォーム費用を抑えられる
  • ・階段移動がなくなるため、生活動線・家事動線がスムーズな家になる
  • ・ご家族がコミュニケーションをとりやすい家になる
  • ・必要に応じて耐震性能向上も含めたプランにすれば、家の安全性が高まる
  • ・必要に応じて断熱・気密性能向上も含めたプランにすれば、家の快適性が高まる

 

デメリット

2階建てを平屋にリノベーションするデメリットは、以下のとおりです。

デメリット
  • ・高額な費用が必要(施工内容によっては、建て替えより高い費用となるケースもある)
  • ・施工不良によって雨漏り・家の歪みなどが発生する可能性がある
  • ・周辺環境によって、日当たり・眺望などが悪くなったと感じるケースがある
  • ・後から延べ床面積が足りないことに気づいても、増築が難しいケースがある(建ぺい率の不足)
  • ・周辺環境・土地の状況などに合わせて、防犯面の対策が必要
  • ・水害危険区域の場合は、「水害時には2階に避難」以外の対策を検討する必要がある

 

2階建てを平屋にするリノベーションには上記のようなメリット・デメリットがあるため、リノベーションが最善の選択なのかどうかは、施工業者に相談しながら判断するのがおすすめです。

またデメリットは解消できる可能性があるため、次にリノベーション完成後に後悔が生まれないデメリット解消方法も確認しましょう!

 

福井ノークホームズは、各種補助金の申請可能な工務店です。

補助金を活用したリノベーション・リフォーム・新築について、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
スタジオ来場のご予約

※当社はしつこい営業を一切行っておりません。ご安心下さい。

※建築予定地が施工エリア外の場合には、資料請求をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

〈施工エリア〉
福井市・あわら市・坂井市・鯖江市・越前市・大野市・勝山市・永平寺町・越前町

 

2階建てを平屋に減築リノベーションするデメリットの解消方法

住宅の内装

2階建てを平屋に減築リノベーションするデメリット解消方法は、以下のとおりです。

解消方法 備考
明確に予算を決めてから施工業者に相談 ・予算オーバーはリノベーション完成後の生活に影響するため、資金計画が重要
・住みながらのリノベーションが難しいため、仮住まい費用・引っ越し費用も予算に含める
長期的な視点で間取りを見直す ・減築によって「狭くて使いづらい家」とならないよう、老後まで快適に暮らせる間取りを検討
・生活動線・家事動線を改善できる間取りを検討
・採光・通風を十分に確保できる間取りを検討
1階を増築希望の場合は、法令等の制限を把握 ・増築のために確認申請※1が必要
・建ぺい率※2によって増築できないケースがある
信頼できる施工業者を選ぶ 減築は住宅構造に関わるため、高い施工技術を持つ施工業者を選ぶ必要がある

 

※1:確認申請とは、施工内容が法令等に適合しているかを専門機関が審査するための申請です。「減築のみの場合は確認申請の必要なし」「減築+増築の場合は確認申請が必要」となるのが一般的です。

※2:建ぺい率とは、土地面積に対する1階部分の床面積の割合のことです。既存住宅の1階の床面積が建ぺい率ギリギリの場合には、増築できません。

 

どのデメリット解消方法も、施工業者のサポートがあってこそ実現できるものです。

また上記の表で紹介したとおり、減築リノベーションには高い施工技術が必要です。

次に2階建てを平屋にリノベーションする流れを紹介するので、施工業者選定の参考にしていただけると幸いです。

2階建てを平屋にリノベーションする流れ

リノベーション工事

2階建てを平屋にリノベーションする流れは、以下のとおりです。

施工の流れ

2階部分を解体・撤去

構造の再編成をするなどの目的で、1階部分も骨組みだけ残して解体するのが一般的

屋根をのせるための小屋組みをする

必要に応じて住宅性能(耐震性・断熱性など)を整えるための施工

屋根・外壁を施工

住宅内部の造作・内装

完成

 

上記のとおり、2階建てを平屋にするリノベーションは、単純に「2階を解体して1階に屋根をのせる」といった施工内容ではないことを、把握しておきましょう。

これからも長く快適に暮らせる家を完成させるために、施工業者の技術力が重要」という点を念頭に置いて、施工業者選びをしてください。

2階建てを平屋にリノベーションQ&A

Q&A

最後に、2階建てを平屋にするリノベーションを検討するにあたって、よくある質問と回答を紹介します。

Q.築50年の2階建てです。どの程度の規模でリノベーションするべきですか?

A.リノベーションの範囲は1軒ごとに違います。

建物診断・耐震診断を実施して、家の内部まで現状を把握することで検討しやすくなります。

Q.減築リノベーションを依頼できる業者がわかりません。

A.減築リノベーションは、工務店・設計事務所・ハウスメーカーなどに依頼可能ですが、施工業者によっては減築リノベーションを引き受けないケースもあります。

複数の施工業者と打ち合わせを実施し、見積作成を依頼したうえで、信頼できる施工業者を選ぶのがおすすめです。

Q.2階建てを平屋にリノベーションする際に、住宅ローンを利用できますか?

A.住宅ローンの利用が可能です。

ただし住宅ローンの利用条件・審査基準は金融機関によって違うため、まずは金融機関が公表している住宅ローンの利用条件を確認しましょう。

 

福井ノークホームズは、住宅ローン相談・資金計画相談なども無料でご依頼いただける工務店です。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
スタジオ来場のご予約

※当社はしつこい営業を一切行っておりません。ご安心下さい。

※建築予定地が施工エリア外の場合には、資料請求をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

〈施工エリア〉
福井市・あわら市・坂井市・鯖江市・越前市・大野市・勝山市・永平寺町・越前町

 

Q.リノベーションor建て替えどちらがいいのでしょうか?

A.施工業者にリノベーション費用・建て替え費用の見積もり作成を依頼し、建て替えのほうが費用を抑えられる場合には、建て替えを選ぶのがおすすめです。

高性能建材の開発などによって、住宅性能は日々向上し続けています。

築古の住宅をリノベーションしても、現代の住宅性能を完全に実現するのは難しいケースが多いため、施工業者に相談をしながら最適な選択をしてください。

 

まとめ

2階建てを平屋にリノベーションする場合の費用相場、減築リノベーションのメリット・デメリットなどを解説してきました。

2階建てを平屋にするリノベーションは、多岐にわたる視点でプランを組み立てる必要があります。

施工業者の選定がリノベーション成功の鍵を握っていますので、ぜひ複数社に相談のうえで、信頼できる施工業者を選定してください。

今回紹介した情報を参考に、長く・安心して・快適に暮らせるマイホームを完成させていただけると幸いです。

 

著者情報

NORQ HOMES ノークホームズ編集部

NORQ HOMES ノークホームズ編集部

福井の高性能注文住宅を建てる工務店ノーク・ホームズが、
リノベーションに役立つ情報を発信しています。

登録・免許
【設 計】 福井県知事 第ろ-1394号
【建 設】 福井県知事 (般-1)10791号
【不動産】 福井県知事 (1)第1704号

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagramTwitterTwitterTwitter