平屋のリフォーム・リノベーションで実現するおしゃれな間取り事例|費用相場、中古物件の選び方も紹介

| Monday

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例

平屋はバリアフリーで暮らしやすいことから、最近人気が高まっています。

しかし「間取り計画がよく分からない…」「具体的なリフォームのポイントが知りたい」という声も多いです。

そこで今回は、福井で多くのリフォーム・リノベーションのご相談におこたえしてきた工務店『ノークホームズ』が、平屋のリフォームについて以下の項目をわかりやすく解説します。

 

このコラムのポイント
  • ・快適に暮らせる、おしゃれな間取り実例を紹介します。
  • ・平屋のリフォーム・リノベーション費用相場を紹介します。
  • ・費用を抑える方法や、中古物件の選び方を紹介します。
  • ・リフォームに不安を感じている方へ、おしゃれ・快適どちらも実現する方法を紹介します。
  • ・平屋のリフォーム・リノベーションでよくある疑問を紹介します。

 

これまでのリフォームでは、既存の住まいを改修するケースが一般的でした。しかし最近では新築価格高騰の影響で、中古物件をリフォームする事例も増えています。

古くなった平屋でも、リフォームによって30年以上快適に暮らせるように生まれ変わる場合もあります。ぜひ最後までごらんください!

 

目次

平屋のリフォーム・リノベーションで実現するおしゃれな間取り事例

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例

築年数の経った平屋をリフォームする場合、「間取りの計画方法がよく分からない」という方は多いです。

しかし築年数の古い平屋であっても、リフォーム・リノベーションでおしゃれな間取りは実現します。

そこでこの章では「動線が良い」「開放的な暮らし」といったイメージができる、暮らしやすい間取り事例をご紹介します。

平屋リフォームを検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

17.53坪・2LDK|コンパクトな平屋

2LDKのコンパクトな平屋は、夫婦2人暮らしにぴったりです。

またこちらの間取りは、「離れ」のようなセカンドハウスの間取りにも最適です。

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例

コンパクトな平屋プランの作り方については、こちらの記事でチェックしてみてください。

▶将来は一階だけで暮らす家|夫婦二人からファミリーまで人気の間取り、一階で生活が完結するプランの作り方

 

24.27坪・2LDK|コの字型の平屋

こちらは建物の中央に中庭を配置することにより、オリジナリティのある間取りとなった事例です。

寝室と客間を離した間取りとすることで、プライベート感が保ちやすくなります。

またしっかりと広さが確保されているので、小さなお子さまがいる家庭にもおすすめの間取りです。

 

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例
26.30坪・3LDK|縦長の平屋

3LDKで広めの間取りですが、建物の中央に水回りをまとめて配置することで利便性が高くなっています。

特に洗面脱衣室がダブルアクセスになっているので、両方から出入りができて便利です。

世帯人数の多いご家庭や、毎日忙しくて家事を効率化したい方でも便利に過ごしやすくなります。

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例

28.93坪・3LDK|二世帯で暮らせる平屋

こちらは21.5帖のLDKを中心とした間取りで、二世帯で暮らすのにも十分な広さがあります。

各居室は6帖の広さがあるので、子ども部屋や主寝室として使うのにぴったりです。

またキッチン横にはサンルームが設けられていることにより、洗濯の動線が短くなり家事の時短に繋がります。

 

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例

31.38坪3LDK|横長の平屋

31.38坪の平屋の間取りは、平均的な2階建て住宅と同程度の広さがあります。

「ご夫婦+お子さま2人」のご家族が十分暮らせる広さなので、子育て世帯のリフォームにもおすすめです。

「洗面脱衣室→ユーティリティー→ウォークインクローゼット」を通り抜けられる間取りプランとなっていることで、家事動線が効率的になっています。

 

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例

31.78坪・3LDK|L字型の平屋

こちらはL字型の間取りとなっており、LDKを中心に各居室が周辺部に配置されています。

これにより自然とご家族がLDKに集まりやすくなり、コミュニケーションが取りやすいのがメリットです。

 

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例

同じような長方形のLDKの間取り事例は、こちらの記事でチェックできます。

▶縦長リビングのテレビ・窓・ソファーの配置・距離(窓の前・斜めなど)|10帖前後のレイアウト実例

 

福井で平屋リフォームを検討中の方は、ノークホームズにご相談ください。

築年数の経った住宅も、暮らしやすく快適に過ごせる間取り計画を提案いたします。

お問い合わせ
スタジオ来場のご予約

※当社はしつこい営業を一切行っておりません。ご安心下さい。

※建築予定地が施工エリア外の場合には、資料請求をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

〈施工エリア〉
福井市・あわら市・坂井市・鯖江市・越前市・大野市・勝山市・永平寺町・越前町

 

平屋のリフォーム・リノベーション費用相場一覧|間取り変更、キッチンなどの交換、断熱など

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな事例

ここでは、平屋のリフォーム・リノベーションの工事内容の費用をご紹介します。

主な工事内容をピックアップしているので、ぜひ計画のご参考にしてみてください。

 

工事内容 費用の目安
間取り変更 50~400万円
キッチンなど水回り設備一式変更 70~300万円
断熱 20~120万円
内装改修 10~300万円
玄関・屋根・外壁など外装改修 50~350万円
減築 1,000~1,500万円
まるごと新築同様にリフォーム 1,300~1,800万円

 

※30坪の平屋をリフォーム・リノベーションすると想定した費用相場です。
※平屋のリフォーム・リノベーション費用は面積、工事内容、既存住宅の現状などによって変動します。詳しくは施工業者にお問い合わせください。

まるごと新築同様にリフォームする場合の費用については、こちらの記事もチェックしてみてください。
▶建て替えorリノベーション 価格比較

平屋のリフォーム・リノベーション費用を抑える方法

平屋のリフォーム間取り|洗面脱衣室

ご自宅をリフォームする場合も、これから中古物件を購入してリフォームする場合も、それぞれ総予算がありますよね。

そのため事前に予算を明確に伝えて、範囲内で最適なプラン提案をしてくれる施工業者を選ぶのが大切です。

ここでは、具体的な費用削減方法についてご紹介します。

予算・優先順位を明確にする

平屋のリフォーム費用を抑えるには、まず具体的な予算を設定して優先順位を決定することが重要です。

プロに相談しながら必要な工程や修繕箇所を把握して予期せぬ出費に備えることで、コストを最適化できます。

予算を設定する際には柔軟性を持たせ、必要に応じて調整できるようにすると安心です。

補助金・移住支援金などの制度を活用

地域によっては、住居改善や移住を促進するために独自の補助金や支援金制度を実施している場合があります。

具体的には、エネルギー効率の向上を目指す省エネリフォーム、バリアフリーな環境を整備するリフォーム、歴史的な価値のある建物を保護・修復するリフォームといった工事が該当します。

ただしこういった制度は地域によって異なり、条件や対象が決められています。

リフォームの際には、自治体や関連機関のウェブサイトや窓口で確認し、適用条件や手続きについて詳細を確認することが重要です。

予算に沿って適切なプランを組み立てられる施工業者を選ぶ

経験豊富な施工業者は、予算に応じた効果的なプランを提案してくれます。適切なアドバイスをもとに、無駄な工事を避けることも可能です。

またリフォームでは、工事の完了後の対応も重要です。万が一のトラブルのにも、保証やアフターサポートを行ってくれる施工業者であれば信頼できます。

特にこれから中古物件を購入する場合は、先に施工業者を決めると平屋の中古物件探しの段階からサポートを依頼できるので、リフォーム完成までの流れがスムーズになります。

次章では、平屋の中古物件を選ぶ際のポイントもご紹介します。

 

福井で平屋のリフォーム・リノベーションを検討中の方は、ノークホームズにご相談ください。

ご予算に応じて、暮らしやすく快適に過ごせる間取り計画を提案いたします。

お問い合わせ
スタジオ来場のご予約

※当社はしつこい営業を一切行っておりません。ご安心下さい。

※建築予定地が施工エリア外の場合には、資料請求をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

〈施工エリア〉
福井市・あわら市・坂井市・鯖江市・越前市・大野市・勝山市・永平寺町・越前町

 

平屋の中古物件の選び方|ポイントは「リフォームで理想の間取り・性能などを実現できるか」

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな洋室

中古物件をリフォームする場合、築50年など比較的古い物件も検討対象に入りますよね。

しかし「地震で倒壊しない?」、「リフォーム後に30年住める?」といった不安を感じる場合もあるでしょう。

そのため本章では、平屋の中古物件を選ぶ際にチェックして頂きたい重要ポイントをご紹介します。

建物診断で平屋の現状を把握|理想の間取り・性能を実現できない物件に注意

まず、建物の状況の劣化・破損が深刻な場合は、理想の間取り・性能を実現できない可能性があります。

ただし壁の内部・床下・天井裏などは見えない部分なので、プロに建物診断を依頼するのが第一です。

その上で、理想の間取り・性能を実現できるかを購入前に検討するのがおすすめです。

例として、ノークホームズが実施している建物診断の具体的な内容をこちらのページで確認できます。

ノークホームズ 建物診断

平屋のメリット・デメリットを踏まえた物件選び

平屋にはメリット・デメリットがあります。

そのため「リフォームでメリットを生かし、デメリットをカバーできるか」も、平屋の中古物件選びの際に重要なポイントです。

平屋の一般的なメリット・デメリットは以下の通りなので、中古物件探しの際にご参考にしてみてください。

 

平屋のメリット
  • ・バリアフリーな間取り
  • ・省エネ効率が良い
  • ・庭へのアクセスが良い
平屋のデメリット
  • ・2階建てより床面積が狭い場合がある
  • ・希望する中古物件が少ないケースがある
  • ・騒音や匂いが伝わりやすい
  • ・プライバシーの確保が難しい

立地|周辺環境の確認

敷地内はリフォーム・リノベーションで整えられますが、周辺環境は変えられません。

そのためご家族が長く安心して暮らせる周辺環境かどうかも、平屋の中古物件選びの重要なポイントです。

具体的な確認事項としては、下記の点が挙げられます。

 

周辺環境の確認事項
  • ・ 地域の法規制や建築規制
  • ・ 日照と風通し
  • ・ 自然災害のリスク、インフラ設備
  • ・ 治安と安全
  • ・ 近隣の建築物や景観
  • ・ 地域社会との交流

 

平屋のリフォーム・リノベーションプランのポイント|おしゃれ・快適どちらも実現する方法

平屋のリフォーム間取り|おしゃれなLDK

平屋のリフォーム・リノベーションでは、「おしゃれなデザイン性も快適性も叶えたい」と思われる方は多いです。

ここでは、それぞれを実現するためのポイントをご紹介します。

おしゃれな平屋間取り、デザインを実現するポイント

おしゃれな平屋にするには、間取りや内装にこだわるのがおすすめです。

 

高いデザイン性を実現するポイント
  • ・開放的な空間デザインにする
  • ・大きな窓で自然光を活用する
  • ・木や石材等、自然素材を多用する
  • ・家全体をカラーコーディネートする
  • ・照明器具にこだわる

快適な平屋間取り、デザインを実現するポイント

快適な平屋を実現する場合、下記のポイントを守るようにしましょう。

 

快適性を実現するポイント
  • ・バリアフリーデザインにする
  • ・適切な断熱・冷暖房設備を整える
  • ・収納スペースの最適化
  • ・プライバシーの確保
  • ・静音対策をする
  • ・スマートホーム技術の導入

 

福井で平屋のリフォーム・リノベーションを検討中の方は、ノークホームズにご相談ください。

信頼できる住宅性能はもちろんですが、おしゃれなデザイン性も兼ね備えた間取り計画を提案いたします。

お問い合わせ
スタジオ来場のご予約

※当社はしつこい営業を一切行っておりません。ご安心下さい。

※建築予定地が施工エリア外の場合には、資料請求をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。

〈施工エリア〉
福井市・あわら市・坂井市・鯖江市・越前市・大野市・勝山市・永平寺町・越前町

 

平屋のリフォーム・リノベーションQ&A

平屋のリフォーム間取り|おしゃれな部屋

ここでは、平屋のリフォーム・リノベーションでよくある疑問についてまとめてご紹介します。

Q.平屋をリフォーム・リノベーションしたら、あと何年住める?

平屋のリフォーム間取りでよくある疑問|住める年数

住める年数に、明確な基準はありません。

ただし、しっかりとした基礎や構造の建物は長期間安全性を確保できます。

リフォーム時に耐震性能をきちんとチェックして補強を行えば、30年以上住み続けることも可能です。

その後も定期的な保守とメンテナンスを行うのがおすすめです。

Q.リフォーム・建て替えはどちらがいいの?

平屋のリフォーム間取りでよくある疑問|住める年数

リフォームと建て替えにはそれぞれメリット・デメリットがあるため、状況や目的によって選ぶ必要があります。

リフォームでは既存の建物を利用するため、建て替えに比べてコストが削減できることが多いです。

一方で建て替えは、建物を新築するので費用は高くなりますが、最新の構造で建築できるという違いがあります。

Q.リフォーム・リノベーションの違いは何?

平屋のリフォーム間取りでよくある疑問|住める年数

リフォームとリノベーションはよく似た言葉ですが、一般的な認識に微妙な違いがあります。

まずリフォームは、既存の建物を修理・改修し、古い機能を新しくすることが主な目的です。

一部分だけの工事から、建物全体のフルリフォームまで幅広い改修が含まれます。

一方でリノベーションは、リフォームよりも包括的で広範囲の改修を指すことが多いです。

また「古民家リフォーム」といったケースにあるように、設備の改修によって現状よりもグレードの高い性能にする場合もあります。

まとめ

平屋をリフォームするためには、間取りや快適さ等考えるべきポイントがたくさんあります。

また住み慣れた建物をリフォームするだけでなく、新築価格の高騰により中古リフォームを検討されている方も増えています。

今回紹介した情報を参考にして、ご自宅の状況と予算に合う方法で平屋のリフォームを実現していただけると幸いです。

著者情報

NORQ HOMES ノークホームズ編集部

NORQ HOMES ノークホームズ編集部

福井の高性能注文住宅を建てる工務店ノーク・ホームズが、
リノベーションに役立つ情報を発信しています。

登録・免許
【設 計】 福井県知事 第ろ-1394号
【建 設】 福井県知事 (般-1)10791号
【不動産】 福井県知事 (1)第1704号

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagramTwitterTwitterTwitter